iPhone機能制限の設定方法と使い方【スマホ利用をコントロール!】

こどものスマホ利用について家庭内のルールはありますか?

スマホを使う時間、勉強の時間、お手伝いの時間・・・などなど。

 

普段目の届かないところで我が子はいったいどんなスマホの利用をしているのか。

危険なことは無いだろうか。

心配事はつきませんね。

 

スマホに蔓延る様々な脅威や悪意からこどもを守るため、家庭内のルールを定めるためにも、iPhoneには機能を制限するモードが備わっています。

 

ios12以前ではアプリ内課金やWEB閲覧に制限を付ける際には「機能制限」という項目から設定をしていました。

ios12からは「スクリーンタイム」の中にある「コンテンツとプライバシーの制限」という項目に変更されています。

 

「設定」→「スクリーンタイム」から設定が可能。

 

この記事では旧・機能制限にあたる「コンテンツとプライバシーの制限」について、よく利用される項目について説明していきます。

コンテンツとプライバシーの制限

iTunesやApp Storeからのダウンロードや課金が出来ないように制限をかけることができる項目の説明をしていきます。

各種設定を有効にする場合は一番上のスイッチを有効にします。

 

iTunesおよびApp Storeでの購入

インストール

「インストール」を許可しないに設定すると、iTunesやApp Storeのアプリが消えて閲覧さえできなくなります。

無料のアプリなどもダウンロードできなくなるので注意が必要。

※既にダウンロード済のものは残ります。

 

Appの削除

「Appの削除」を許可しないに設定すると、既にダウンロードされているアプリやショートカットの削除ができなくなります。

 

App内課金

「App内課金」を許可しないに設定すると、ゲームなどでアイテムの購入などの課金ができなくなります。

 

パスワードの要求については、iTunesやApp Storeなどから課金を含めたお金がかかる操作をする際にパスワード入力を必須にするかどうかを選べます。

許可されたApp

スクリーンタイムの使用時間や休止時間を設定している時でも使用できるアプリを選択できる。

使用を制限したいアプリはチェックを外してください。

コンテンツ制限

 

ここではアプリのインストールに制限をかけたり、WEB(インターネット)のアクセス制限をかけることができます。

ひなこ

その他の細かい設定もできるけど、今回は2つに絞ってお伝えするねっ

App

 

App Storeからダウンロードできるアプリにはそれぞれ年齢制限が設けられています。

例えばこどもにも大人気のモンスターストライクだと4歳以上。

下の「4+」がそれにあたります。

「許可しない」にすると年齢の設定に関係なくアプリの取得ができなくなります。

 

この設定はすでにダウンロードされているアプリにも有効ですので、途中の変更には気を付けてください。

まとめ

ひなこ

ホントに色々制限がかけれちゃうんだね・・・

一歩

もっと自由に使わせてぇやっ!

ゼロボン

我が子を心配するあまり一方的に制限をかけてしまうというのもかわいそうな部分もあるんかもしれんのぅ

 

こどもにはこどもの言い分もきっとあるはず。

こどものスマホ利用に規制をかけるというより、親子でコミュニケーションを取り合っていいところで折り合いをつけて欲しいって思います。

ゼロボン

親はこどものことがすごくすごく心配なんじゃ、お前らもその辺しっかり知っておくのじゃ

ひなこ

はぁ~い・・・

一歩

ちえっ