「SIMフリーとかロック解除ってなに?」がよくわかる【虎の巻】

ひなこ

ねーねー 格安スマホとか考えるときにさ SIMフリーとかロック解除とかよく聞くんだけど、それってなんのことなの?
なんやねーちゃん そんなことも知らんのかいなっ!ホンマどんくさいわ

一歩

ひなこ

なによ! そんなこと言うなら、はじめはわかるっていうの?
あったりまえやんけっ! ほならこの記事、よーみさらせや?

一歩

はじめ、もっと優しい言い方を心がけるのじゃ 知らないことは罪じゃないのじゃ

ゼロボン

SIMフリーとは

SIMフリーとは、最初からキャリアロックなどがかかっていない端末(スマホ本体)のこと。 どこの会社とSIMカードの契約をしていたとしても、サイズ等が一致すれば使用が可能です。 海外製のスマホに多く、Appleストアなどの直営店から購入するものなどもSIMフリー端末となります。

SIMロック解除とは

大手3キャリアはそれぞれの会社以外のSIMカードが使えないように制限をかけています。 その制限を解除して、どこの会社のSIMカードでも使えるようにすることをSIMロック解除といいます。

ロック解除の条件

総務省の改善命令により条件が徐々に緩和されてきています。 2018年現在では、
  • 一括購入した場合は即時可能
  • 購入から101日以上が経過
どちらかの条件が揃った時にロック解除が出来るようにしなさい、と総務省からのお達しです。
これ総務省が言う前までは無条件で半年以上の利用だったらしいで

一歩

さらにキャリア側で設けているルールの中に「契約者本人のみ」「解約から〇日以内」というのがあります。 機種変更などですでに利用していないスマホがあって、それをSIMロック解除して使いたいと思ったときに引っかかるだろう問題。 大体3社とも解約から100日以内としているところが多いようです(日数などの変更の可能性が高いのでつど公式HPなどで確認してください)

中古スマホも解除可能に

これまでは、大手3社がSIMロック解除について対応が遅かった。 できるだけ、ロック解除をさせたくない思いが強かったんです。   新しい本体を買わせるために  

ひなこ

大手スマホ会社の闇っ!!
昨年にロック解除の日数などについての規制緩和が行われたのですが、それの対象になっていたのは新規購入の端末にたいしてのみでした。   先日、2018年8月16日に総務省が新しい方針の発表をしました。 その内容は、新規購入の端末に続いて「中古の端末でもロック解除を義務付ける」というものです。   大手3社以外の格安スマホなどで利用できる中古スマホの流通を増やすことで、会社間の競争を激化させてユーザーの負担軽減につなげるのが目的だそう。 義務化が始まるのは来年2019年7月の予定。   そうなれば、格安スマホで使える端末の入手が容易になるので、今よりさらに格安スマホ熱は加速することでしょう。

ひなこ

格安スマホにしない理由の中に「使いたいスマホがない」ってのも多いみたいだから、好きな機種使えるようになったら乗り換えたい人も増えるかもねっ