【箱庭タウンズ】生きた街で地価4.6億!5億が見えて来た

箱庭タウンズもかれこれ2ヶ月目くらいだ。

今の目的としては競馬場をGETするために地価アップを図ること。

世界街バトルでも競馬場は取れるみたいだけど、先が長すぎるってことでなんとか地価アゲしてるわけですね。

実際問題として地価アゲについてはあんまりネット上にも有効なネタが載っていなかった。

周辺施設ALLレベル10で来客無視の6億マップとかあったんだけどね。

来客無視、つまり地価さえ上がれば住民が利用できなくても問題ないぜ!っていう置き方するとバトルにも勝てないし、維持費の分でジリ貧にもなる。

なにより年末ポイントの売り上げ分が伸びないっていう様々な問題が発生してくるんです。

だから私は「生きた街」で地価をガン上げできないかってことを模索してきた。

今回はその成果として4億越えを果たしたので記事にしてみることにしたわけです。

配置で気にしたところとかも書いていくので、何かの参考にしてみてください。

地価4.6億の街

状況から説明しよう。

現在ウチの街は151年目のランク45です。

ランクについては世界街バトルで勝ちやすいところに収まってるから上げてないだけ。

世界街バトルのステージは21。

スペシャル像もコンプリートしてない。

そんな状況。

施設レベルは空港だけ9だけど、まわりのやつはレベル3とかレベル4とかめっちゃ低い。

これでも地価4億超えられるんだ。

自分もいけるんじゃないか?って気がしてきたでしょ?

んで、これがその街のスクショ。

 

気力があればそのうち細かい配置図も作ろうかとは思うけど、今回はスクショだけでお許しを。

空港のレベルはショップで買える建物レベルアップを使ってあげました。

周辺施設はロックが外れないのでレベル3とか4止まり・・・。

地価4億の作り方

ここまで見てきてもらってわかるように、ウチの街はまだまだ全然やり込みが足りていない。

持ってない施設もスペシャル像もある。

施設レベルも全然。

それでも4.6億はいけた。

空港レベル10にしたら5億は見えそうな位置にいるわけだ。

ではどうやったら地価を上げることが出来るのか。

地価アップのポイント
  • 国際空港をベースにする
  • 専門街を多く持つ建物を配置する

たったこれだけ。

専門街を多く持つものとしたのにもきちんと理由がある。

専門街のコンボが決まれば地価や商品価格がアップするからです。

そしてそれは隣接する施設にも効果があるのです。

専門街の基本的な考え

「国際空港の地価を上げる」という点にスポットをあててお話します。

やみくもに専門街を立てればよいわけでもないし、国際空港とコンボするものを選ぶわけでもない。

「一つの施設でどれだけ専門街を詰め込めるか」

これを考えて配置しました。

まず下の図を見てください。

例えば灰色の部分が地価を上げたい施設、なんでもいいのですが、今回であれば国際空港。

そこに赤色の施設が隣接しているとします。

赤色の施設で専門街を2種類(A-1とA-2)作りました。

赤色に隣接するようにBという専門街を作りました。

この時、灰色に適応される専門街はA-1とA-2になります。

赤色と青色に適応されるものはA-1、A-2、Bの3種類。

 

ここで重要なのは

「隣接している施設が持つ専門街」かどうか、ということです。

そもそも灰色は何も専門街を持っていなくていいんです。

1マスでも繋がってる隣接の施設が発動した専門街の地価UPや単価UPは灰色に適応される。

ただ、赤色が発動したわけではないBという専門街の効力は受けることができないわけですね。

どの施設が有利か

専門街のリストはWIKIとか見ればすぐわかります。

その中で自分が持っている施設やトロフィーを合わせて隣接する施設でより多くの専門街を作れるように配置すれば地価はガンガンあがります。

将来的に金トロフィーやスペシャル像が揃って、入手困難といわれる競馬場などの施設をGETし、レベルアップが可能ならばもっと上も目指せることでしょう。

特に今回、国際空港をアイテム使ってレベル4→9に上げたんですけど、それだけで1.6億くらい上がった。

ダイアに余裕があるなら施設レベルアップも優先度高めでいきたいところですね。